クルミを食べ過ぎておきた目の障害(閃輝暗点)|食べ過ぎはよくない

テレビの健康番組で、血管の若返りにはくるみがいいとやっていた。

一日7個食べるといいという。

健康にいいと言われると、小腹がすいた時にスナック菓子を食べるよりかクルミがいいだろうと思い、7個よりも多めに食べてしまっていた。

すると、ある日

目にチカチカと光るギザギザがCの字状に見えて、その部分がぼやけて視界が悪くなった。

ネットで調べると

閃輝暗点(せんきあんてん)という症状のようだ。

【閃輝暗点が起きる原因】

●片頭痛の前兆としておこる

●脳腫瘍の時など

このように書いてあった。

怖くなったので脳神経外科を受診しCTをとってもらったところ、特に異常はみられなかった。

先生が言うには、

『胡桃の食べ過ぎで脳血管が拡張して閃輝暗点が起きた』

とのこと。

クルミに豊富に含まれるポリフェノールが原因とのこと。

 

クルミに限らず、ワインやチョコレートなども原因となる。

そのため胡桃、ワイン、チョコレートをすべて禁止と言われた。

ちょっとならいいですかと聞いたがちょっともダメだと。

一度閃輝暗点が出ると、しばらくは完全にポリフェノールを絶った方がいいらしい。

そうならないように、みなさん、食べる量には気を付けてください。

【その後】

しばらく食べなくなってからは2度も起きた閃輝暗点も全くおきなくなった。

ダメと言われていたが、少しずつチョコレートは普通に食べてるが今のところ大丈夫だ。

けれど赤ワインはコップに半分飲んだだけでも閃輝暗点がおきた。

どうやら白ワインはポリフェノールが含まれていないとのことなので、白ワインに替えた。

胡桃を食べ過ぎるまでは、ワインを飲んでも閃輝暗点が起きることはなかったのに、一度なるとなりやすいということなのだろうか。

健康にいいと言っても食べ過ぎはよくないことが分かった。

何事も食べ過ぎやりすぎには気を付けましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加