風邪で声がでない時に便利な物・おすすめアプリ|喉が痛い時にも

今回、風邪をひき、それが喉にきて喉風邪になってしまって、声が出なくなってしまった。

風邪自体は治っているのにしゃべれないという状態だけが5日も続いている。

5日続く間に、話せない時に便利だと思ったものや、喉の保湿にいいと思ったものを見つけたので紹介する。

声が出ないだけでなく、声がかすれる、喉が痛いからしゃべりたくないという方にもおすすめだ。

スポンサードリンク

1、読み上げアプリ

 

打ち込んだ文字を音声にしてくれる音声変換アプリはないかと調べていたら、こういうのは「読み上げ」ということが分かった。

スマホのグーグルプレイで検索すると、3種類ほどでた。

筆談や、パソコンやメールに打った字を読んでもらったりしていた。

でも、幼稚園児でひらがなをぎりぎり読めるくらいだと、読めても理解が難しい。

こちらは多少アクセントがおかしいことがあるが、読ませるよりはずっと伝わりやすくおすすめだ!

 

①読み上げ「ゆっくり棒読みトーク」

2016-03-05_15h41_31

どれも文章を入れて読むというのに代わりはないが、私が使いやすかったのはこれ。

クリアボタンがあって、打ち込んだ文章を一回で消せるのはこれだけだった。

読み上げる速さや声を変えることができるが、それはしない方が聞きやすい感じだ。

こんな感じ(動画で紹介)

ゆっくり棒読みトーク

 

②Talkroid(ゆっくり文章読み上げアプリ)

2016-03-05_15h41_11

こちらも同じく読み上げる速さや声を変えられる。

けれども、クリアボタンがないので、長い文を打った時に消すのが面倒だ。

screenshotshare_20160305_153526

③読み上げアプリ

2016-03-05_15h41_22

こちらは文章を打って話すを押すだけのシンプルタイプ。

シンプルで使いやすいが、やはりクリアボタンがないので、打った分を消すのに時間がかかる。

screenshotshare_20160305_153447

スポンサードリンク

 

2、カスタネット

⇒カスタネット(アマゾン)

誰かを呼ぶとき、特にささっと動く子供に声をかける時に役立つ。

幼稚園の時に使っていた物を貸してもらった。

カンカンって音がけっこうはっきりしているし、呼びたいときにすぐ鳴らせるので相当便利だ。

ダイソーでも売っているようだが、子供のおもちゃついでにかわいいのを買おうと思ったら、アマゾンの動物タイプがかわいいしすぐくるしよさそうだ。

 

3、ネブライザー

加湿で痰や鼻づまりの緩和を促すためにネブライザーを購入した。

声がかすれてでにくいというかすれた感じの不快感にもよさそうだ。

喘息用の薬剤も使えるが、水または生理食塩水を入れても使える。

子供の鼻づまりなどにもいい。

でも万単位もする立派なものはいらない。

探したところ2000円台で安いのがあった。

注文して翌日には届いた。

よく分からないが、のどの痛みや痰がなくなって、喉の乾燥も感じなくなってからは使っていない。

ただの失声ではどこまで効果があるか分からない。

カサカサして喉の痛みがあるときは楽になった。

 

【声がでなくなってみて】

 

5日間声が出ない状態になって思ったこと。

怖い・・・。

 

何かあっても呼べないし、とても怖い。

そしてかなり不便。

 

宅配業者がきても返事できないので早く出なくてはいけない。

不在票を見て配達員に直接電話できないので、自動受付を使うしかない。

 

これは大変だ。

でも読み上げアプリを使うようになってから、精神的にも少し安心した。

 

他にも便利なものを見つけたら随時追加する。
関連記事 :風邪で声がでないと思ったら急性声帯炎になっていた|対処法・症状・治療期間


トップ
スポンサードリンク