SONYハンディカムHDR-CX500VとCX535|比較・バッテリー 感想

もともと持っていたソニーのハンディカム(ビデオカメラ)はHDR-CX500(2009 年製)。
本体にはCX500と書いてあるが、正式にはCX500Vというようだ。

その後、二つあった方が便利だからと、いずれメインにするつもりで買ったのがHDR-CX535(2014年製)。

カタログだけでは気づかなかったが、この二つを比べたら機能にだいぶ違いがあった。

また、この二つのバッテリーパックも微妙に違う。
適応表に書いてあったけど一応問い合わせてみた。

≪目次≫

1.CX500VとCX535の違い
2.適応するバッテリー

スポンサードリンク

 

【1.CX500とCX535の違い】

AV機器に詳しくないので、実際に使った感想として違いを紹介する。

もともと持っていたHDR-CX500を比較して考えると、

HDR-CX535は、

≪利点≫

・安い
・望遠(ズーム)が強く、手振れしにくい
・軽い

≪欠点≫

・フラッシュがついていない
・画質が荒い(※高画質FHの場合、最高画質でも室内の場合)
・起動が遅い
・動画と静止画で記録メディアを分けて選択できない。

 

CX500よりずっと新しいので、てっきりCX535の方が全て機能がいいものだとばかり思っていたが違った。
CX500では、最高画質FXで動画撮影中に静止画撮影ができるが、CX535は一つ下の画質である高画質FHからしかそれができない。

一つ下の画質であっても、2009年発売のCX500の画質より2014年発売のモデルが綺麗だろうと思っていたが違った。

ビデオカメラ越しでは分からないが、テレビで見ると粗さが全然違う。

快晴での運動会を撮影した場合、双方とも一番上の画質でとればそれほど差がないが、室内で撮影するとCX535はCX500に比べてものすごく粗さが目立ってぼやけてみえる。

静止画も同時に撮影するため、一つ下の画質(高画質FH)の場合は、快晴の状態でとってもCX500との差がひどかった。

ただ、ズームに関しては、画質の落ちない光学ズームが、

CX500 :12倍
CX535 :30倍(約13倍ブレない空間光学手ブレ補正)

とだいぶ違う。
遠いところをからズームで撮るならCX535の方が手振れもなくズームでだいぶ寄ることもできてきれいに撮れる。

手振れに関してはCX535の方明らかに少ない。

子供の運動会で動画を取りながら静止画も撮るので、静止画の撮影は必須だったが、今後はCX535の方は静止画は諦めて最高画質のFXで撮影することとする。
そして二か所から取る場合は遠くからになりそうな方を、CX535で撮影することにする。

ちなみに、最高画質FXで撮影したビデオから静止画を切り抜く出すことは可能だ。
ただ、後から切り出すとどうしても画質が悪くなる。

 

500が535になるなど数字が上になったからと言って、最新モデルだからと言って画質が綺麗かどうか、機能がいいかどうかは別問題のようなので気を付けた方がいい。

ビデオカメラはどこに重点を置いているかで、購入する物を決めた方がよさそうだ。

高いものを買えばすべての機能がいいのだろうが・・・。

お店の人の話によると、CX535は必要最低限のものだけ残して価格を安くしてお買い求めしやすくしたとのこと。

う~ん・・・最低限と思うのは人それぞれだから難しいが、もともとあった機能が急になくなると不便に感じる。

結局、ふだんは古い方のビデオをメインで使って、新しいCX535をサブ的に使っている。

スポンサードリンク

【2.適応するバッテリー】

sonyの公式ホームページ(バッテリー対応表)を見ると、CX500VとCX535はバッテリーパックの種類が違う。

2011年11月20日よりリチウムイオン蓄電池に関する電気用品安全法の技術基準が改定されたせいで、改定前と後とで電池を分けて作っている様子。

≪CX500Vに使えるバッテリー≫

NP-FV50/5
NP-FV70/5
NP-FV100/5
NP-FH70(もともとついていた充電池で廃盤品)

 

≪CX535に使えるバッテリー≫

NP-FV50
NP-FV70
NP-FV100

 

でも大きさは同じだし、試しにちょっとだけ付けてみると対応してない方の電池にしても画面は映った。
壊れたら怖いのですぐ外し、後日コールセンターに問い合わせてみた。

Q.CX500V用の電池(/5のついた電池)とCX535用の電池を共有して使うことはできないんですか?交換して付けてみたらついたのですが。

A.確認をしていないため正しく使用できるかどうかは分かりません。対応表に書いてあるものが確認が取れているものなので、それを使ってください。

使えるか使えないかは分からないが、使用できるかのテストをしっかりした物のみ適応表に書いているとのこと。
テストしてくれればいいのにと思うが、リチウムイオン蓄電池に関する電気用品安全法の関係で、分けなきゃいけなくなったのなら仕方ない。

仕方ないのでCX500用の予備のバッテリーを購入した。
CX500が壊れたらこのバッテリーが無駄になるのが残念だ。

 

バッテリーチャージャーのことも聞いてみた。

Q.CX535とセットで購入したバッテリーチャージャーBC-TRVのバッテリーの対応表にはNP-FV50、NP-FV70、NP-FV100とNP-FH70(CX500Vにもともとついていたバッテリー)などには対応しているとなっているが、/5のついたバッテリーは書いていない。/5の付いた電池には対応していないのか?

A.書いてありませんが、Vシリーズに使う/5のついたバッテリーも充電可能です。

 

バッテリーチャージャーの方は、記載のないバッテリーでも充電できるものがあった。

 

バッテリーはアマゾンでも売っているが、口コミを見ると偽物だったと書いてあるもがけっこうあった。
買うなら、ヤマダ電機など聞いたことある家電量販店で買う方がいいようだ。

 

 


トップ
.
大手サロンも採用!⇒子供にも使える天然成分のムダ毛対策ジェル♪
.
スポンサードリンク
2017-04-13_13h12_12