電波の悪い所で電池の減りが早い時の対策|スマホの機内モードで節約 au

仕事中、スマホをロッカーに入れておくと電池の減りが早い。

もともと電波が悪い職場なのに、ロッカーに入れるから余計にそうなるのだ。

電源を切ればいいが、次つける時に時間がかかる。

電源を切らなくても電波を探さないようにする方法がないかと考えていたら、いいものを見つけた。

それが、

『機内モード』

 

スポンサードリンク

【機内モードとは】

電波を出さないモード。

もともと飛行機の中で電波の影響を出さないようにするためにあるらしい。

電波を出さないし拾おうともしないため、メールや電話などすべての無線が使えなくなる。

電波を探そうともしないため、電波の悪いところにいても電波をやたら探そうとしてバッテリーを消費するということがない。

電波の悪いところで使うだけでなく、飛行機の中の様に電波が出てはいけない病院などで設定しておくのもいい。

電波だけを止めるので、時計を見たりカレンダーをみたり、無線を使わずに使えるものはすべて使える。

常に受信する必要がなければ機内モードにしておいて、必要な時だけ機内モードオフにすればだいぶ電池を節約できそうだ。

飛行機の中だけでなく、その他でも使うと便利なようだ。

 

【機内モードの設定方法】

機内モードにする方法は意外と簡単だった。

私の使っているスマートフォンは、

au シャープ アクオスフォンSHL。

やり方は機種によって違うと思うので参考までに。

 

1)電源ボタンを長押しして電源メニューを出す

2)機内モードを選択する

 

これだけだ。

機内モードオンになると、画面の左上に飛行機のマークが出る。

機内モードを切るときは、もう一度同じことをするとオフになる。

 

 

【wifiをOffにする】

機内モードにしてる時は関係ないことだが、電波はつないだ状態で使っているけどwi-fiが繋がらないような場所にいる場合は、wi-fiをオフにした方が無駄にバッテリーを消費しないのでよい。

 

 


トップ
.
大手サロンも採用!⇒子供にも使える天然成分のムダ毛対策ジェル♪
.
スポンサードリンク
2017-04-13_13h12_12