インフルエンザの出席停止期間(学校・幼稚園)|同時にかかった二人の子供の症状・経過・薬

去年は兄弟で間を開けてかかったインフルエンザ。

今年は兄弟そろって同時にインフルエンザB型にかかった。

医者に言われた学校・幼稚園を休む期間、出された薬、治るまでの経過を記録。

兄はだらだら微熱が続いたり、午後や夜になると熱が上がるという特徴があります。

≪目次≫

1、出席停止期間(学校・幼稚園)

2、処方された薬

3、実際の症状・経過

スポンサードリンク

1、出席停止期間(学校・幼稚園)

 

「解熱後2日(幼児は3日)が経過するまで」

なおかつ

「発症後5日が経過していること」

(2012.4.1 改定 学校保健安全法)

 

以前は解熱後2日が経過するまでという条件しかなかったが、薬がよくなりすぐに解熱するようになったから条件が追加されたとのこと。

解熱しても人に移す感染期間が残ってしまっているので、発症後5日は休む必要があるという条件をプラスしたとのこと。

 

≪例:発症後2日目に解熱した場合≫

2016-02-10_09h52_20

≪例:発症後4日目に解熱した場合≫

2016-02-10_09h52_04

※園児の場合は解熱後3日経過しなければいけないので登園はもう一日遅れる

※画像をクリックすると拡大してはっきり見えます

 

(H28.2.15 医者からもらった紙より)

 

登校・登園可能となる予定の日に受診して登園許可書を書いてもらう。

うちの幼稚園の場合は、許可書の日付の翌日から登園可能と言われたが、医者は、書いた当日に今日から平気と書くので、その日に通園して大丈夫と言っていた(以前もそれで大丈夫だった)。

学校は医者からの通学許可書はいらないので、医者の許可が出たら自分で届け出の紙を書いて提出くれればいいと言われた(後日でも)。

 

最短で通園・通学できるのは、発症日を抜かして6日目

 

うちの場合2/9発症とした場合、最短の2/15で通園・通学するためには、

それぞれ赤で記した日には解熱していなければいけない。

≪下の子(幼児)≫

インフル出席停止期間 幼稚園

≪上の子(小学生)≫

インフル出席停止期間 小学生

先生は下の子で例をあげた時に、2/8を発症日として紙に書いていた。

インフルエンザだったかは分からないが2/7にいったん症状が出ているからかもしれない。

けれどどちらにしても土日を挟んでしまい通園は2/15(月)になるので、2/9発症で考えることにする。

 

2、処方された薬

弟(6才)

●リレンザ5mg(インフル用):朝晩吸入 5日分

●カロナール錠200mg(解熱鎮痛)

≪翌日咳で再受診し薬追加≫

●クラリスロマイシン(細菌感染の治療)

●アスベリン(咳を抑え、痰を切れやすく)

●カルボシステイン(痰の切れをよくする、鼻汁の排出を促す)

 

兄(10才)

●リレンザ5mg(インフル用):朝晩吸入 5日分

●クラリスロマイシン(細菌感染の治療)

●カルボシステイン錠(痰の切れをよくする、鼻汁の排出を促す)

●シーサール錠(咳を鎮める)

●カロナール錠300mg(解熱鎮痛)

 

弟は熱があってもほぼ咳もなく元気であったので最初はインフルエンザの薬のみ。

兄は、4日前にも体調をくずして受診。熱はないものの咳と頭痛が出ていたので上記の薬(リレンザ以外)が出ていた。咳が一週間前だったし、熱もないのでインフルとの判断はなく検査はせず。

翌日には元気になって一旦は落ち着いているし、今回のインフル検査も出たのが薄っすらでかかったばっかりのようだったため、4日前の体調不良はインフルではないとのこと。

インフルで受診時にも頭痛と痰がらみの咳があったため、その薬を継続。

 

≪インフルエンザの薬≫

選択肢はリレンザかタミフルだった。

どちらかというとリレンザの方が効果が高いが、吸い込むのが難しければ確実性をとってタミフルがいいとのこと。

以前かかった時は一回だけの吸引のイナビルだった。

なぜ今回は5回も吸うリレンザにするのかと聞くと、

インフルエンザB型は一回だけ吸うタイプだと効果が悪い

とのこと。

タミフルと違ってリレンザは体に吸収するタイプではないので、タミフルのような異常行動は起きないといわれているとのこと。

ただ、高熱による異常行動はあるかもしれないので熱がある間は注意するようにとのこと。

 

以前子供がタミフルを飲んだ時に異常行動がでた。

熱のせいかは分からないが、もうろうとしながら洗面台に腰をかけてウンチをしていてびっくりした。

 

吸い込むタイプの薬は喉にくっついて作用するため、吸い込んだ後1時間は飲んだり食べたりしてはいけない。

朝食と昼食の間に一回、昼食と夕食の間に一回吸うとよいとのこと。

 

スポンサードリンク

3、実際の症状・経過

弟(6歳)兄(10才)

2/7(日) 弟インフル(-)

2:00 部屋をのぞくと起きていて頭痛を訴えたが、とりあえず寝てごらんといいそのまま寝かせた。(←弟)

7:30 頭痛が続いているので熱を測ると38.2℃。カロナールを飲ませると30分くらいで楽になってきた。

10:00 受診。インフルエンザ(-)。咳もないのでマイコプラズマでもない。フロモックス(抗菌剤)が出た。

11:00 少し痰がらみの咳。頭痛なし。

11:30 強い腹痛で泣いた。トイレで大量の便をすると落ち着いた。

14:45 38.5℃

17:00 39.1℃だが元気

18:45 38.4℃ 熱はあるもののもう頭痛もなく元気。

23:00 38.7℃ 就寝

2/8(月)

7:10  37.4 痰がらみの咳あり。少しだるさあり。幼稚園休み。

11:30 36.8 熱もなく元気に

そのまま熱もなく元気だったが、家でゆっくり過ごさせた。

多少咳はあり。

 

2/9(火) 0日目 兄弟でインフル(+)

7:00  37.2 たまに咳はしていたが元気。

7:30  36.8 熱なし。そのあと何回か測ったが36℃台で元気だあっため、マスクをして幼稚園へ。

11:00 学校で頭痛と気持ち悪い感じとだるさあり(←長男)

12:30 気持ち悪くて給食半分

13:30 37.4℃で早退。頭痛が激しい。

17:00 幼稚園のクラブ活動の送迎車から元気に降りてきた。どこも体調は悪くないとのこと。

長男が病院に行くついでに一緒に行って咳止めをもらおうと思ったので一応熱を測ると38.5℃。

 

17:45 インフルエンザB型と判明。でも頭痛などもなく元気。

(はっきりとインフルB型のところに印がでた)

17:58 インフルエンザB型と判明。頭痛ひどい。気持ち悪さあり。

(すぐにインフルB型と出ず、8分おいてみたところ、薄っすらだが印が出た)

18:15 頭痛でつらいので、帰ってすぐカロナール(解熱鎮痛剤)を服用。

18:30 元気に食事。食後にリレンザを吸った。
     頭痛はおさまり元気に食事。食後にリレンザを吸った。

19:00 二人とも具合は悪くないものの、布団に入るとすぐに就寝。

19:40 熱を測ると38.8℃
     熱を測ると37.0℃(解熱剤の効果か下がっている) 寝ながら時々咳をしている。

 

——————————–
兄は頭痛がひどいが、弟は熱があってもなんともない。

弟の方が検査ではっきり出たので若干先にかかっていたかもしれない。
——————————–

 

2/10(水) 1日目

7:00  36.7 咳はあるものの元気、鼻水あり
      38.0 元気

8:15  37.3 二人とも元気に朝食
      37.5 二人とも元気に朝食

8:30  薬服用

9:00  37.4
      38.4

二人で仲良く布団の上で遊んでいる

 

11:00 昼寝 弟は咳をしている

12:00 36.9 痰がらみの咳あるが元気
     38.5 頭重い 咳 また寝た

13:00 37.7 ゴロゴロしてテレビを見ている  
         昼寝継続

15:00 37.2 お腹すいたと食事
     38.2 頭痛でカロナール服用

16:15 37.3 元気に
     38.5 頭痛治まり元気になり少しごはんは食べた

18:00 咳止めをもらうため受診

18:40 37.2 病院から帰ってからリレンザ その後2時間半眠った 寝てる間咳なし
     37.1 リレンザ 

19:40 夕飯をしっかり食べた

20:40 37.3 就寝 咳あり

21:05 36.6 やっと起きて夕飯 起きると咳あるがものすごく元気

22:30 36.9 元気だが就寝 少し咳

—————————————-
弟は微熱ぎみ、兄はまだ38度台。

弟は常に元気だが、兄は元気な時と頭痛があるときがあり。

二人とも咳をしている。
—————————————-

 

2/11(木) 2日目

8:00   35.9 咳はあるものの元気、鼻水あり
       36.6 元気だが朝食後下痢

9:00   36.6 咳はあるものの元気、鼻水あり
       37.1 元気

熱はほぼ下がっていたのでテレビを静かに観させて過ごさせた。

14:00  36.6 昼食後昼寝 鼻水、鼻ずまりでいびき
      37.2 昼食後昼寝

16:00  38.4 一旦昼寝から起きて測ると熱が上がってきた 頭痛はなし 咳

17:00  36.6 元気なのでテレビをみさせた
      38.4 熱が下がらず痰がらみの咳 また寝かせた

18:00  36.8 眠れなかったようだ熱が下がったのでテレビを観るのを許可した

18:30  36.9 若干上がってるが元気
      38.0 本人自覚ないがまた熱が上がっている

20:10  36.9 就寝 咳と鼻水あり
      38.4 就寝 頭痛ありカロナール服用

———————————–
弟は熱が下がったが、長男はいったん下がったと思ったが夜にはまた上がり頭痛もまた出ている。

弟はずっと元気だ。

咳は二人とも続いている。
———————————–

 

2/12(金) 3日目

9:00   36.7 元気
       37.0 頭痛なく元気

テレビを観せてゆっくり過ごさせた。

11:00  36.9 少し昼寝
      36.9 少し昼寝

12:30  37.0 
      37.2 

14:30  36.6 昼寝
      37.5 昼寝 少しずつ熱が上がり始めた

17:30  37.1 
      38.5 熱が上がってまた頭痛が

19:30  36.6 就寝 鼻水と咳あり
      38.5 カロナールを飲んで就寝 鼻水ひどい

———————————–
弟は下がっているが、結局長男はまた夜に熱が上がった。

これでおそらく最短の月曜から学校に行くのは無理だ。

熱が上がると頭痛が出るのでカロナールを飲む。

アレルギーなのかインフルのせいなのか鼻水がすごい。
———————————–

 

2/13(土) 4日目

7:00   36.2 咳なし
       36.8 朝から滝のような鼻水

8:30   37.0 元気で食欲あり
       36.9 元気で食欲あり

 

元気なので宿題をしたりテレビをみたりして過ごした。

 

13:00  36.9
      36.6 鼻水止まらない

14:00  36.7 昼寝 咳なし
      37.2 昼寝 鼻水止まらない

16:00  38.2 また熱が上がってきた

16:30  36.5 寝起きに咳あり
      37.7 

21:40  36.6 
      37.7 

23:00  36.8 

 

————————-
元気だけど長男はまだ微妙に上がるときが。

でも夜には下がっていた。
———————–

2/14(日) 5日目

9:00   36.7 元気
       37.4 鼻水は出るものの元気 微熱?

11:00  36.7 
        37.0 熱がこもりやすいようなので薄着に

12:00  36.6 
      35.9 熱がこもって上がっていたようだ

13:45  36.8 
      37.0 

16:00  36.5 
      36.8 

19:00  36.6 
      36.9 

21:00  36.9 
      36.6 

——————————-
二人とも熱が下がっていて元気だ。

鼻水は出ている。
——————————-

 

2/15(月) 6日目

7:00   36.2 元気
       36.6 元気

朝一で病院へ。
弟は完治証明書を書いてもらい幼稚園へ。

幼稚園からは、登園できる前日の日付で書くように言われていたが、そのことを先生に伝えたところ、「大丈夫だから」といい、治療期間は2/9~2/15と書き、備考のところに「今日から登園可能」と書いてくれた。

それで問題なかった。

長男はもう一日お休みで、今日熱が出なかったら明日は学校に行ってもいいとのこと。

11:00  36.8 

13:00  36.6 昼寝しても眠れず。元気だ。

18:00  36.5

20:00  36.6 熱が上がることなく過ごせた

——————————-
今日も熱が上がらなかった。

やっと明日は学校に行ける。
——————————-

 

2/16(火) 7日目

7:00   36.5 

長男も今日から学校へ。

学校は完治証明書はいらないので、学校からもらった届けの紙に、親が書いて持たせた。

 

 

関連記事 :インフルエンザの検査時期・症状|発熱後数時間でも陽性になる?


トップ
.
大手サロンも採用!⇒子供にも使える天然成分のムダ毛対策ジェル♪
.
スポンサードリンク
2017-04-13_13h12_12